2005年10月18日

全国なまり頂上決戦!

いやぁ、今回も新山千春はバリバリなまってるなぁw

そんなことより突っ込み入れたい!

あの〜、だからさぁ、



青森弁って無いからッ!!



これ、前も言った…。(なまり亭参照)

青森には津軽弁と南部弁があって、それぞれ全然違うのよ。
これじゃあ、青森の人は全員が津軽弁つかうみたいじゃん…。
新山さんもそこ突っ込んでよ!


それにしても、新山千春のなまりは凄い!
あんなになまってる若い人は青森では見たことないよw
っていうか、完全に飛び抜けてますって!w

でもね、まだまだですよ。
お年寄りの話してる言葉はもっとすごいから!
たぶん50音で言葉を発してないと思うw
僕はまともに対話できないよ…orz
電話だと会話オンリーで対話だから、
訳分かんなくなる前に親にすぐ代わってます(^_^;)

お年寄りに比べたら、
新山千春の津軽弁は教科書通りみたいなもんですよw


ねぶた祭りでお触りOKって、
たぶんそれは新山千春の仲間内だけだと思う…。

「呑んで、はしゃいで、ハイになってるから」

って、それは『カラスはねと』しかないと思う。
呑んでる人は歩道側でねぶたみてるし、
はしゃいでる人は『はねと(ねぶたの先導として踊る人)』だし、
両方やってるのは『カラスはねと』しかいない。


『カラスはねと』っていうのは、
簡単に言えば祭りを妨害するフーリガン的存在の集団です。
田舎のヤンキーが俺たちなりの楽しみ方ってのをする訳です。

僕は「あー、またやってる」くらいの感覚でしか見なくなったんですが、
観光客は怖がって絶対に近寄れないと思います。
ケガ人も出ているし、あれはやめてほしいなぁ。
ねぶた始まる前は、近くのコンビニが『カラスはねと』でいっぱいです。
最近は条例のおかげで警察が出てますが危険です。


新山千春、なまりまくるのはいいけれど、
青森の恥をさらすことだけはしないでくれ…orz

あと、青森弁って無いことを教えてあげてくれ…。


追記:「津軽弁と南部弁」と言ってますが、
   大きく分けてその二つに分けられるという意味です。
   地域によってまた発音が違ったり色々なのです。
この記事へのコメント
これ、「森の人」に詩集がかかってるのが一番のネタなんだよね?w
Posted by くじ at 2005年11月08日 01:19
>> くじ さん

あえて放置にしてましたw
Posted by もと陸部 at 2005年11月08日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。