2005年09月26日

信じたくない出来事

このことを記事にしてもいいのかどうか迷いました…。



僕が卒業した中学校の近くには駅があります。
家から学校までは結構距離があって、スクールバスで通ってました。
スクールバスはその駅のところで生徒をおろし、そこから歩いて登校します。
学校が終わると、駅からスクールバスで帰ります。
今、中学3年生の弟も同じように通ってます。


ついこの間の連休2日目、中学校から朝早く電話がありました。


前日の深夜、2年の男子生徒が駅で列車に撥ねられ亡くなりました…。


駅は無人駅で、普通列車のみが停車します。
2回、新聞に今回の事故のことが掲載されていました。
亡くなった生徒は近所に暮らす男子です。
その生徒はホームから落ち、特急列車に撥ねられたそうです。
自殺ではないかと思われるそうです。


聞いた話ですが、一瞬見ただけでは性別を判断することができなかったそう。
着ていたジャージにある校章と刺繍されていた名前で、
その中学の生徒であるのではと学校へ連絡が行き、確認されたそうです…。

成績も優秀でイジメもなく、
生徒会に所属し部活動も頑張っていた明るい生徒だったそうです。
僕の弟も仲がよかったと言ってました。
最近あまり顔をあわすことがなかったと小声で言ってるのが聞こえました…。

遺書などはないそうですが、
彼の部屋には大事にしていたモノが一つにまとめられてあったそう。


どうしてこんなことになってしまったのか…。



生徒たちの心が心配です…。

彼の気持ちに気付いてやれなかったと
悔やんだりしている生徒がたくさんいると思います…。
それぞれに自分をせめてしまうと思います…。

事故のことを知った生徒が何人かふざけて現場に朝いちで向かったそうです。
まだ片付けきれなかった肉片や血を見た瞬間、
ひどくショックを受けてパニックを起こしてしまったそうです…。

亡くなった生徒の姉は、部屋から出てくることはないそうです…。
僕の弟はその姉と同級生で、そのことにも悩み、口数が減ってしまいました。

生徒の大勢が登校する際に駅を通ります。
その度に事故のことを思い出してしまうと思います。
学校には明るい挨拶が飛び交うことが無くなってしまうかもしれません…。



間近に控えていた文化祭が問題になっています。
実行するべきなのか、やめるべきなのかと…。

僕の弟は文化祭にバンドのボーカルで出る予定でした。
選考会があるので、毎日のように仲間と集まって練習してました。
心の中は複雑で不安定になっていると思います…。


「もしネタにしてふざけている奴がいたら、絶対に怒れよ!」

弟に言いました。
わざとキツく、強く、それだけを言いました。

「わかってるよ! そういう奴は絶対に許せない!」

小さい声だったけど、とても力強く言ってました。
不安定でも気持ちは強く保てたみたいです。

弟には強い意志を持って、仲間を支えていってほしい。

弟のことは家族全員で支えてあげようと思う。


つらく悲しいことだけど、どうか乗り越えてほしい。
そして、わすれないでいてほしい。
この記事へのコメント
もうだいぶ前になるけど、僕の最寄りだった東青森駅では事故で4人も亡くなったんですよね。身近な人ではなかったけれど…
お気持ち察します。
ご家族始め、みなさんが、早く立ち直れるよう、祈っています。

親類に、いじめを苦に飛び降りた弟を持つ人がいます。
今、その人は、僕が一番尊敬する立派な人です。

大丈夫。
みんな乗り越えて、生きて行くんですよ。

祈ってます。
Posted by くじ at 2005年09月26日 23:33
>> くじ さん

コメントありがとうございます。

亡くなった彼は、いじめは本当になかったようです。
成績優秀であることでプレッシャーに押しつぶされてしまったのでしょうか…。
もっと周りを頼ってほしかった。悲しいです…。

僕は身内の死は何度も体験しているけれど、
弟のように友達がなくなった経験がありません。

大人でも子供でもなく、心も体も不安定な歳に、
こんなにも大きなショックを受けることになるとは…。
僕は成人しているけど、心は大人でも子供でもない。
でも、大人として側にいてあげなければ!

乗り越えられるよう、支えていってあげたいです。
Posted by もと陸部 at 2005年09月27日 22:24
辛い出来事でしたね。

私も中学時代の友人が、数年前自殺をしました。
彼女は地元に残っていたので高校卒業以来数回しか会ったことがなかったのですが、三ヶ月程前に届いた葉書には「色々あってずいぶん悩んだ時期があったけれどようやくすっきりしました!」と明るく書いてありました。
あの時もっとその話を聞くべきだったと後になって思いました。
結婚して二人も子供がいたのに…
今でもはっきりした理由はわからず、すごく残念です。

残された人は辛いけれど、彼のことを決して忘れないで、みんなで支え合って頑張って生きてほしいと願います。
Posted by YOKOKO at 2005年09月27日 23:30
>> YOKOKO さん

おひさしぶりです。コメントありがとうございます!

自分で自分の命を絶たれるのはとても辛いです…。
身内がその決断をしてしまったときは、
僕から気力が全て奪われてしまいました。

生き続けるって辛いけど、
自分で絶つのはもっと辛くて恐ろしいこと。
生き続ける方がそれと比べるとどれほど楽なことか…。
残された人は一生自分を責めることにもなってしまうのに。

弟が通う学校全員が支え合っていって欲しい。
生き続けることを忘れないでいて欲しい。
Posted by もと陸部 at 2005年09月28日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7347548
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。