2005年07月20日

○○のヒント

つい先日、『絶望に効くクスリ』ってマンガのことを書きました。
ホントに効く薬だと思います。お店にあった1〜3巻を買いましたが、
4巻もあるそうなので、見つけたらすぐにでも買いたいと思ってますw
山田玲司さん、あなたのファンになりました…w


なんかこう、知りたいことが知ることが出来るマンガだと思いますよ。


自分、頭おかしいんじゃないか?
もうダメ、逃げ出したい…。

なんて考えてしまった時に読んで欲しいと思います。(宣伝っぽいw)



井上雄彦
木下デヴィッド
関野吉晴
宮藤官九郎
町田康
荒俣宏
五味太郎
加藤登紀子
玄侑宗久
畑村洋太郎
日高正博


この人たちへのインタビューが、僕にはズバッと効きました。

『幸せ』と『不幸』がなんなのかわかった感じ。

生きていくことってムチャクチャ面白いw
この記事へのコメント
山田玲司、大好き!懐かしい〜〜!
最近は全然知らないけど^^;、
『Bバージン』『アガペイズ』『NG』全巻、もってますよ♪
『絶望に効くクスリ』読んでみますw
Posted by 四季 at 2005年07月21日 01:57
『Bバージン』は1巻だけなら読んだことありますよ!
中古本を立ち読みw なかなか見つからないのです。

『Bバージン』誕生までのことも書いてあるので、
楽しめると思います! 是非読んでみてくださいw
(今も昔も、絵は変わってないと思うなぁ)
Posted by もと陸部 at 2005年07月21日 21:03
このエントリこないだスルーしたんだけど^^;
なんと山田玲司さんの本だったんですね。
大好きだったんですよ、彼。
昨日、彼の好きな「ベルリン天使の詩」を借りて来たところですしw
そっかそっか、その本僕も買っちゃオッかな。
Posted by くじ at 2005年07月25日 23:40
>> くじ さん

どうやら山田玲司さん本人にも、効いてるみたいですw
初めの頃はただのインタビューマンガな感じだったけど、
それからはもう、ちゃんと薬になってます。 どうぞお買いあげ下さいw
Posted by もと陸部 at 2005年07月30日 16:17
TBありがとうございます。

というコメントを書いているんですが、なぜか拒絶されます。
なぜでしょう・・・

読者にとっての薬である以上に、作者にとっての薬になってますね。
絶薬以前と絶薬以後で、吹っ切れ方が違うように感じます。
以前も面白いんですけどね。
アガペイズはちょっと・・・ですけど。

4巻買いました。
御大水木氏はすごいですな。

ウチはぐだぐだがテーマなので、ほんとにぐだぐだなのですが、よろしければこれからもよろしくお願いします。
Posted by ぼら at 2005年08月02日 09:46
>> ぼら さん

コメントありがとうです!
どうぞよろしく。またそちらにお邪魔しますねw

>なぜか拒絶されます。

…なぜでしょう? Seesaaなにしてんっすか?!

>読者にとっての薬である以上に、作者にとっての薬になってますね。

一番効いてるのは玲司さんかもしれませんw
直接、本人たちから聞けてますからね!

あぁ、早く4巻手に入れなければ!w
Posted by もと陸部 at 2005年08月04日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5224585
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。