2005年07月10日

見失ってた気がする

7/09の午前2時頃、バイトの休憩中にメールが来ました。
高校で知り合った親しい友人(女性)からでした。(Sさんと書くことにします。)
卒業してからは一度も顔を合わせていないんですが、
ずっと連絡を取っていて、お互いに相談相手になったりなってもらったりしてます。

この日もSさんからの悩み事相談。
休憩中だったので、お昼に電話で話すことにしました。

相談相手になったんですが、僕だと役不足な感じのお話で…。
とにかく聞いてあげることくらいしか出来ませんでした。
それでも少しは楽になってもらえてような感じ。
小さく聞き取りづらかった声にも、いくらかは元気が戻ってきたように感じました。


Hさんのことを聞かれました。
デートすることを前に教えていたので、まずその報告をしました。
自分のことみたいに喜んで聞いてくれました。たくさん笑ってくれた。


「ねぇ、それってもう惹かれてる感じじゃない?w」

「え?w 最後に話すから、とりあえず順序通りに聞いて。」


と話の途中で何度もこんな会話を挟みつつ、すべて報告。
そして、告白した時のことを話しました。こと細かに。


「それで、なんて?

「いや、まだ…。」

「待ちになったのかい。 Hさんはもと陸部を好きだと思うんだけど…。」


告白の話をしたときに、28歳の人の話もしたけど、
その人と元彼の存在と、今のHさんの状況などを話しました。
そして、会いに行こうと思ってることを話しました。


「今度3連休あるじゃん? もし行くならそのあたりは? 試験直前だけどw」

「わかった、やってみる! ところで、女性側の意見を聞きたいんだけど…。」


会いに行くことには賛成だけど、恋人って関係じゃないから、
喜んでもらえるかどうかは正直わからない、とのこと。

内緒で行くことには反対みたいです。
そんなことされたら会いたくないと思う、と。
会いに行くことは伝えた方がいい、驚かせるのと困らせるのは違う、と。


他にもたくさんアドバイスをもらいました。
…やっぱり男と女は考え方が全然違う。 男ってホント子供だと思った…orz



電話を終えて、暫く考え込んでからHさんに電話しました。


「今度の3連休って忙しいかな?」

「…〜最終日はなにもないよ。 どうしたの? ねぇ?」


最後に『ねぇ?』って言うときは、なんとなく気付いてる証拠…。
長い付き合いなのでわかります。正直に話すことにしましたorz


「…そっちに行く!」

「えっ、はぁ?! なに? どうして?!」

「Hさんに会いに行くため!」

「えぇーッ?! なに言ってんのこの人は!!
 もう、バカ過ぎだよあんた! …どうしたのさ?」


「会いたいんだ。 …ちゃんと会って話したいんだ。」

「うー…、ダメ! 来てもダメ! バイト入れてやるw」


かなりサプライズになってしまったようです…orz


「追いかけられるのって嫌なの…。疲れて考えること放棄してしまう。」

「今のままの私じゃ、会っても向き合ってあげられない…。
 期待させちゃうだけで、そうしてしまうのはなんだかさぁ…。」


「会ったら、…そういうことになると思う。
 向き合ってあげられないままでだと、後で絶対考えること出来なくなりそう…。」



言葉出ませんでした…。


近いうちにまた電話してくれる約束をしてくれました。

会いに行くこと、僕もどうするか考え直します。
積極的にとかを考えてたけど、
もっともっと、Hさんのこと考えてあげたい。

良い返事をもらえるのが一番なんだけど、
一番だと思える答えをHさんが見つけられる方が僕にはいい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。