2005年05月14日

本州最果ての地から

5/13 歌はいい。の歌つながりのお話(^_^;)

『マニ☆ラバ』ってバンド、ご存じでしょうか?



青森県の某高校の生徒で結成され、
2003年3月のアルバム「校則違反」が反響を呼び、
2004年1月にデビューシングル「幸せ」を全国発売。
これがオリコンインディーズチャート初登場第3位を記録しました。

同い年、同学年だったので、
同じ高校でなくても、会ったことはなくても、結構知ってます。
(卒業式があった日に行われた記念ライブを、
「Street Fighter」って番組で特番してたと思う。)

ちょっと、ゴイステっぽい感じで(歌い方とかが)…。
ハナ毛アニメの曲が有名と言えばわかるでしょうか?




彼らの『青森駅』という曲はご存じでしょうか?

aomorieki.jpg


下校中、FMから聴こえてきたので、記事にしたくなったのです(^_^;)

この曲は今年の3/2に青森県限定で発売され、県内ヒットチャートで連続一位を続け、
購入できない他県のファンはケータイの着うたサイトに殺到したそう。
発売元の青森レコードはこれに応えるため、4/13に全国発売に踏み切ったのです。


結構、話題になってるみたいですねぇ。 
なつかしさ、せつなさが胸に響くバラード曲です。
恋する人との別れ。旅立ちを雪の冷たさと涙の暖かさと共に描いた歌詞。
武骨で切ない歌声が反響を呼んでいるんだと思います。



この曲、青森県限定で発売される前に、
ローカルの深夜放送でPVをノーカットで放送しているのをみました。

…すっごい泣いた。・゚・(ノД`)・゚・。

その前からFMで結構流れていて、そん時でもウルウルしてましたが、
PVで青森駅のホームが出たとき、色々と思い出して…。

追記:このCDにはPVがムービーファイルで入っています。


中2の秋あたり、陸部の1コ上の先輩に告白もらって付き合いました。
デートは青森駅まで電車に乗って、そこから買い物やらなんやら。

その彼女とは、すれ違いというか、僕の勘違いというか、
好きなのに、嫌いになった訳じゃないのに中3のときに別れました。
それからはお互いに恋人もでき、それぞれの時間を過ごしました。
それでも僕にとっては一番の人で、新しい恋人とは何度も上手く行かず。
(今では大切な思い出の人かな。…取りあえずそういうことに。)

彼女の方は新しい恋人と上手くいきました。(先日別れたそうです)
それでもよく連絡きました。(今でも連絡あります)
彼女から大学進学で青森県を離れると聞いた日、
外の雪を眺めながら、青森駅から電車が出発する風景を思い浮かべていました。
伝えられない想いはツライ…。


想いをこらえて、都会へ向かう大切な人へ別れを告げるこの曲、切なすぎます。
けど、とても暖かいです…。



ジャケット写真はかつて集団就職で上京する際などに
東京行きの寝台列車が出発した「青森駅5番線ホーム」です。
青森在住や青森に縁のある人の中に、知っている人はいると思います。
集団就職、どのような思いで列車に乗ったのでしょう。
駅で友や恋人、両親と別れた時の涙はどんなものだったのでしょう…。


この曲を聴いて出る涙は、大切にしまっていた想いだと思います。
この記事へのコメント
お久しぶりです。

青森と言えば・・・
西村京太郎の十津川警部シリーズに出てくる亀井刑事が青森の出身で、「東京は東京駅ではなく上野駅が郷愁の念に駆られる。東京の者にとってはただの田舎臭い駅にしか映らないだろうが、青森の者にとっては上野駅こそが始発駅なんだ」などと語ってたのを思い出します。

あのセリフも元を正せば集団就職でたどり着いたホームこそが上野駅だったからでしょうね。

そういや昔流行った♪上野発の夜行列車・・・・♪で出てくるのも青森でした。
Posted by ぐろりん at 2005年05月14日 22:22
お久しぶりです! コメントありがとうございます(^^ゞ

>西村京太郎の十津川警部シリーズに出てくる亀井刑事が青森の出身
すいません、わからないです。2時間のサスペンスドラマだとは思いますが… (^_^;)
あー、東北の人は上野にくると、上京した感があるかもしれません。
東北の人には、そこが入り口みたいなものだから。
(東京は2回しか行ったことない。怖いから…。)

よろしければ、視聴などで『青森駅』聴いてみてください!
地方出身者には響く曲だと思います。
Posted by もと陸部 at 2005年05月15日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。