2005年04月26日

尼崎脱線事故

もう知らない人はいないと思いますが、
兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口―尼崎間で快速電車が脱線し、
線路脇のマンションに先頭車両などが衝突した大事故が25日に起こりました。

電車に搭載されている緊急停止直前の速度測定するモニター制御装置を分析した結果、
脱線直前に時速100キロ前後で走行していたことが判明したそうです。

兵庫県警では、26日午前8時55分現在、
死者73人、負傷者441人と発表されています。
運転士の容体はまだ確認できていないようです。



この日、学校が終わった後に寄り道する予定でしたが、
前日からなにか嫌な胸騒ぎのようなものを感じていたので、
寄り道せず、ゆっくり運転し、まだ明るいうちに家に帰りました。
そしたらこのニュースが…。 JR史上最悪だそうです。

偶になにかを察知したりすることがあります。
人にはあまり話しませんが、僕には自分でも上手く説明できない能力があります。
(この話はいつかまた…)



事故現場手前の伊丹駅でのオーバーランは8メートルと発表がありましたが、
実際は約40メートルで、車掌が虚偽報告していたことを明らかになりました。
運転士が車掌に「距離を少なく申告してほしい」と頼んでたようです。
車掌は非常ブレーキをかけなかったらしい。
40メートルもオーバーランしていたにもかかわらずですよ?!
いつもと違う速度感覚だとオーバーランしそうと予想くらいできますよね?

カーブになっている現場の制限速度は70キロで、
JR西日本の説明では、計算上133キロを超えないと脱線しないとのこと。
それって、整備も完璧で最高の状態を想定した場合じゃない?
線路や車輪の腐敗具合、雨や風、乗客の乗っている位置などで変わるはず。
それだと100キロ前後で脱線することは十分考えれれる。

脱線原因はまだ解明されていませんが、
スピード超過は間違いなく最大の要因であるでしょう。



この事故、誰かが責任を取らなければいけなくなってきます。
言い方は悪いと思いますが、これから『犯人探し』が始まるということです。
世間が納得する答えを出さなければならなくなります。
それでも誰も許すことはできないのですが…。


JRの体制がどんなものかハッキリと判明した今回の事故。
嘘をつくとは呆れてしまいます…。 どうするつもりなのでしょう。



マスコミが被害者や親族の方の心に、
さらに傷を負わせてしまう前に、原因を究明してもらいたい。

亡くなられた方のご冥福を祈ります。 このような事が二度と起きない事を祈ります。
この記事へのコメント
なんとなく検索していて来ちゃいました。

これテレビでさんざん情報聞いてるけど、思うのは結局マスコミもJRも事故はなかった事として処理したいのではないかな?

それが証拠にマスコミは「伊丹でオーバーランして遅れた分を取り戻そうとしてスピードを・・・・」
私に言わせれば、そもそもなぜ伊丹でオーバーランしちまう様な運転やらかしてたのか?なんです。だけどマスコミの報道聞いてる限りでは、そんな事に言及してる奴はどこにもいない。結局マスコミの言いたいのは「オーバーランと脱線とは全くの無関係!」て事でしょう。

JRはJRで「置石の可能性が・・・」仮にも関西人の私が一番よく知ってますが、あの辺りは5分と間隔おかずに次の列車がやってきます。そんなせわしない路線に置石しに行くアホがどこにおんねん!

結局JRとしては過去に何度もバカな事しでかしてくれた社員を雇い続けていた責任を問われる事もイメージダウンによる客離れもしたくないのです。したがって今回の事故はあくまで不慮の事故。仕方の無い事故として処理したいのでしょう。
Posted by ぐろりん at 2005年04月26日 21:01
コメントありがとうございます!
そちらにもお邪魔させていただきますね。

マスコミの「オーバーランして遅れた分を取り戻そうと…」は、
JR側の発表をそのまま報道したものだと思います。
緊急報道だったから、とにかく来た情報を各局が報道した感じだと思います。
ただJRがこの発表をしたときは、
JRは運転士に責任をすべて押しつけようとしていたように思えます。

置き石の可能性は僕も変だと思ってます。
論点をそらそうとしてる様にしか考えられません。
なにか、偶発的に起こった事故にしようとしてる感じ。
どう考えても人によって起こされてますが…。

ぐろりんさんの考えている通り、
JRは責任逃れをしようと考えていたのでしょうね…。
Posted by もと陸部 at 2005年04月27日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3167957
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。