2005年04月12日

日本だけのせい?

最近、韓国と中国の反日デモのニュースが多いですね…。
(因みに、反日は『抗日』と書くそうです)
さっき見つけた反日サイトです。


独島(日本名は竹島)領有権をめぐっての対立。

教科書検定や国連常任理事国入りへの抗議。


これだけじゃないね。根はもっと深い。
大量虐殺、慰安婦、さまざまな問題を抱えています。
つまり、日本に対して戦争責任を問われてるんです。

歴史問題での日本の誤った態度を変えろというのが主張でしょう。


歴史は日本人だってちゃんと受けてます。
ちゃんと勉強して理解してますよ?
責任果たして、友好関係結んでるんじゃないの?
ってことになりますね…。
こうなったのは、各国の解釈で歴史教育が行われてるからだと思う。


日本では、竹島は日本の物、
中国には過去60年にわたって6兆円あまりのODAでの援助をしてる、
といった感じで教えられてますね。

しかし、韓国や中国では違うわけです。
暴動を起こしてる世代の人は、日本と違う教えられ方が違うんです。
中国人の大多数は、6兆円も援助してもらってるなんて知らないらしい。
日本、中国、韓国、どちらが正しい歴史を伝えてるかは分かりません。
全部間違ってるかもしれません。


教育って、恐ろしい武器にもなるんですよ…。

アジア全体で、同じ歴史の教科書を使うしか、
完全な友好関係を築くことはできないんじゃないでしょうか…。
まとまってなくてスイマセン…orz
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2920086
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。