2006年01月29日

ソニーの損益改善策

すでに知っている方も多いと思いますが、
カーナビなど車載機器、プラズマテレビ、ブラウン管テレビ、
エンターテインメントロボット、QUALIA、エアボード、
それと業務用機器3カテゴリーの計9分野への不採算事業の整理が決まりました。
(昨年の9月にソニーが発表した不採算15分野のリストラ対策一環です)


うーん、 AIBOなどのエンターテインメントロボットや、
QUALIAからの撤退は何となくわかりますねぇ。

AIBOやQRIOは広告塔でしかなかったかなぁ、と。
娯楽ロボットは確かに現代人の目を向けさせる効果はあるけれど、
所詮、目的が『娯楽』ですから、高価なオモチャとしか見られないし…。
役立つ物を作っても、まだ時代が求めているレベルには達してないだろうから、
きっとヒットは期待できないだろうなぁ。
人工知能の研究は続けるそうなので、未来に期待ですね。

QUALIAは業績に寄与するとは思えなかった。
超高級ブランド的なイメージが強すぎたのかも。
末永く丁寧に販売していくため受注生産としたからか…。


まさかカーナビまで撤退する(国内)とは思わなかった。
こちらもソニーにとって本業といえるものではないんですけども…。
まあ、カーナビはパイオニアが日本で圧倒的に人気ですしねぇ。
ソニーは泣かず飛ばずというか、さっぱりな状態でした。
カーオーディオも同じ感じで…。
家庭用オーディオも最近怪しいけどさ…。


なんか寂しいねぇ。
今のソニーを支えているのはPS2とPSPくらい?(2006年春にPS3販売予定)
他にも頑張っている分野はありますが、ゲームが支えてくれてる感があります。

任天堂のDSには注意だね。
マリオカートにX箱360はやられてしまった。
たった一本のソフトにだよ。恐ろしいキラーソフトだ…。
3月2日にはDS Liteが登場。PS3に合わせて販売する形になるのかな?
この記事へのコメント
とても面白い企業だったソニーですが
なんだか…
『ちっちゃくなちゃった!』ですね。
ソニー神話も完全に崩壊しましたが
ここにきて逆に株価は上がったようです。

企業にとっては利益こそが目指すものなのでしょうが
AIBOがなくなっちゃうのは(なくなるの?)
ちょっと悲しい感じがします。
Posted by ガラモン at 2006年01月29日 21:15
>> ガラモン さん

> AIBOがなくなっちゃうのは(なくなるの?)

撤退ですから、なくなるんでしょうねぇ。
人工知能の研究は続けるそうなので、
何年か後に新型のよりリアルなAIBOが誕生するかもしれないですね。
もしくは復刻版で1万円以下で買える日がくるかも。

ロボットはまず役に立つ物を売らなければ…。
ガンダムの様に戦争に使われるロボットは困りますが。(ガンダムは好きだけど。)
Posted by もと陸部 at 2006年02月10日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12457358
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。