2005年12月27日

うるう秒

2006年1月1日は1秒遅れます!ヽ(`Д´)ノ
米国立標準技術研究所が、
協定世界時で午前0時になった瞬間に、世界中の原子時計に1秒足すと発表しました。
2005年12月31日23時59分59秒と
2006年01月01日00時00分00秒の間に、23時59分60秒が加わります。
日本時間では、元日の8時59分59秒の次に59分60秒が加わります。
この1分間だけが61秒あることになるのです。

これは『うるう秒』と呼ばれるモノで、採用されるのは7年ぶりだとか。
(それ以前は1,2年の頻度で採用されていたと記憶してます…)


続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。